• 埼玉県川越市大字的場1215-3
  • 049-299-8687

脳神経内科

脳神経内科について

脳神経内科のイメージ

以前は神経内科とも呼ばれていましたが、精神科や心療内科と混同されることが多く、2018年より日本神経学会は、標榜診療科名を「脳神経内科」に変更しています。精神科はうつ病などの気分の変化、精神的な問題を扱う科であり、また心療内科は精神的な問題で体に現れる病気を扱う科であるのに対し、脳神経内科は、脳・脊髄・神経・筋肉等に疾患があり、身体的に不自由な部分が現れる病気を扱うものです。

脳神経内科で診療する主な疾患

  • 脳卒中(脳梗塞・脳出血)の慢性期
  • 認知症
  • 頭痛
  • パーキンソン病
  • 末梢神経障害
  • てんかん
  • CIDP(慢性炎症性脱髄性多発根神経炎)
  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)  その他

以下のような症状がみられたら、脳神経内科をご受診ください。

  • しびれ
  • めまい
  • ふるえ
  • けいれん
  • ひきつけ
  • 頭の痛み
  • ものが二重にみえる
  • 力が入らない
  • 歩きにくい
  • ふらつく
  • つっぱる
  • むせる
  • 手足が勝手に動く
  • しゃべりにくい
  • 物忘れが多い など

以上のような症状が見られる場合、脳・脊髄・神経・筋肉等に異常があることが考えられます。早期に受診し、早期に病気を発見・治療することで、病気が治癒する可能性を高め、また進行を遅らせる、重症化を防ぐといったことが期待できます。少しでも「何か変だな」と異常を感じたら、お早めにご受診ください。

当クリニック・脳神経内科の特色

当クリニックでは、日本神経学会認定神経内科専門医・指導医、および日本臨床神経生理学会筋電図・神経伝導分野専門医であり、埼玉医科大学総合医療センター在籍中に神経難病の診断・治療を数多く経験している院長が、地域において専門的な診療を行います。

脳疾患の診療

脳卒中(脳梗塞や脳出血)の慢性期、認知症、パーキンソン病の患者様を診療する機会が多く、それらの疾患に習熟していますので、安心してご相談いただけます。

脳梗塞や脳出血などの脳卒中については、発症直後は入院加療が必要なため当クリニックでは対応が出来ませんが、退院後の脳卒中慢性期の治療は当クリニックで対応致します。脳卒中による後遺症として、手足がこわばる痙縮があり、これが生活の質を下げることがあります。痙縮に対しては薬物治療だけでなく、ボツリヌス注射による治療を行うことも可能です。

CTやMRIなどの検査、その他の脳・脊髄の検査などが必要と判断した場合には、病診連携を行っております埼玉医科大学病院グループや武蔵野総合病院など他院に迅速に相談致します。

末梢神経、筋肉の希少疾患の診療

さらに末梢神経と筋肉の診察・治療も得意としており、厚生労働省の指定難病とされているALS(筋萎縮性側索硬化症)、CIDP(慢性炎症性脱髄性多発根神経炎)などの診断も行うことが出来ます。診療と合わせて検査を行いますのでお気軽に御相談下さい。

脳や脊髄の疾患に関しては、脳神経外科、整形外科において、MRIやCTなどによる画像検査を行うことが一般的に知られていますが、手足のしびれ、脱力、ふるえなどの症状は、脳や脊髄の異常ではなく、原因が末梢神経障害、筋疾患、痙縮、不随意運動等にあることがあります。その場合、検査と診断を行うことができるクリニックは、決して多くありませんが、当クリニックではそれが可能です。

不眠、睡眠障害の診療

夜眠れない、夜中に何度も目が覚める、などの不眠、睡眠障害は脳の働きが大きく関連しています。睡眠障害の分析を行い、適切な指導や治療を行うことで改善が期待出来ます。お気軽に御相談下さい。

脳神経内科医は先人の言葉を借りれば「探偵」のようなものであり、一つ一つの証拠(所見)の積み重ねで診断に辿り着くことが出来ます。画像や病理組織などの所見はもちろん重要ですが、最も重要なのは患者様を丁寧に専門的に診察する神経学的診察です。当院ではそれを行うことができます。

神経学的診察とは、患者様が診察室に入られるところから注意深く見させていただくところから始まり、姿勢や歩き方、移動の速さ、様々な動作がスムーズに連動しているかどうか、受け答えのご様子等も含め、神経の異常があるかどうかの診察を行い、そこからも多くの情報を得ていくものです。これには豊富な診療経験と、高い専門性が必要となります。

病診連携について

クリニックの役割は、まずは一般的な疾患の治療を行い、地域の健康増進を図ることです。加えて、専門性が要求される疾患であっても、病態が安定した患者様に関しては、地域において診療を行うことも重要な役割であると考えています。
また、患者様からの求めがあればどのような症状でも初期対応を行い、必要に応じ、患者様の利益を第一に考え、最適な診療科や医療施設へ紹介する「病診連携」も、ただちに行います。 認知症の介護申請、パーキンソン病や脳梗塞後のリハビリテーションなど、他職種への連携も対応もしていますので、お気軽にご相談ください。

参考

院長
成川 真也
診療内容
脳神経内科 内科
電話
049-299-8687
所在地
〒350-1101
埼玉県川越市大字的場1215-3
アクセス
的場駅 徒歩4分
診療時間
休診日:火曜日午後・土曜日午後・日曜日祝日
日祝
8:30~11:30
13:30~17:30